カラーダイヤモンドの種類によっては、ダイヤモンド買取で高額買取が可能

ダイヤモンドは無色透明の特徴を持っていて、美しい輝きを放っている姿を思い浮かべる人も多いと思います。 ただし、ダイヤには様々な種類のものが存在していますので、たくさんの色の付いたダイヤがあることもご存じではないでしょうか。 天然で存在しているカラーダイヤモンドは、虹色の7色があると言われていて、無色透明の他にはオレンジやグリーン、バイオレット、ピンク、ブラウン、ブルー、レッドなど様々なものがあります。

これらの色の付いたダイヤのうちで、ブラックやブラウンなどはアメリカの宝石学会では認められていない種類のものとなります。 なぜダイヤモンドに色が付くのかという点については、放射線を浴びたことが原因であったり、不純物が混じったときに色が付くと考えられていますが、詳しいことは謎のままとなっています。 ピンクダイヤの生産地としてオーストラリアが有名ですが、カラーダイヤモンドに関しては1万分の1ほどの確率でしか見つからないために、希少価値の高い宝石だと認知されています。

天然のカラーダイヤは価値の高いものとなりますので、ダイヤモンド買取店などに持ち込んだときには高額な査定価格が提示されることが予想されます。 無色透明のものよりもピンクやブルー系のカラーダイヤは価格が高いものとなり、一方でイエローやブラウン系は価格が安くなることが考えられます。 カラーダイヤを購入するときには将来的にダイヤモンド買取店に売却することも考えて、買取価格が高くなる種類のものを購入しておくことがおすすめです。

自分の持っているカラーダイヤの買取価格が気になるときには、ダイヤモンド買取店のホームページに査定価格の目安を掲載している業者も多くありますので、事前に確認することができます。 いくつかのダイヤモンド買取店の査定価格の目安を見比べることで、自分の持っている宝石を良い値段で買い取ってくれる業者を探すことができます。 同じ品物であってもダイヤモンド買取店ごとに買取価格に差が出ることが考えられますので、少しでも良い価格で買い取ってくれる業者を選ぶことが大切なポイントになります。

カラーダイヤの場合にも丁寧に取り扱うことが大切で、使用した後にはしっかりと汚れを宝石専用の布などを使って拭き取ることで、良い状態を維持させることが可能です。 宝石の状態の良いものであるほうが、ダイヤモンド買取店で査定を受けるときに良い買取価格になりますので、こまめに手入れをすることで高額買取につなげることができます。

PRサイト

金・プラチナ・ダイヤモンド・宝石なら金買取専門買取

ダイヤモンド買取&高価に売る:どこよりも高く買取

オンラインダイヤモンド買取徹底比較サイト