ダイヤモンドの鉱石言葉

ダイヤモンドにまつわる言葉・意味

言葉にできないほど美しい宝石には、たくさんの種類があります。その一つ一つの宝石には、美しさだけでなく古代から不思議な力や意味が言葉として伝えられています。その宝石の中で、最も魅力的な宝石のひとつがダイヤモンドではないでしょうか。ダイヤモンドの鉱石言葉としては、「リラックス」「清水」「健康」「明晰」「完璧」「宇宙的意識」「精神的自由」「独立」といった意味が込められているようです。物事を自分から積極的に遂行し、自分自身の力で取り組んで最後までやり抜く力を引き出す波動が備わっていると言われています。

身の回りでダイヤモンドを身に付けていられる方を見ると、共感できる部分も多々あるのではないでしょうか。そして、ダイヤモンドの固さから、永遠の愛を誓い合う二人を祝福するかのように婚約指輪や結婚指輪に用いられることが多いです。決して壊れることのない二人の絆、色あせることのない透き通った純粋の愛情という意味が込められているのではないでしょうか。ダイヤモンドは、健康にも影響をあたえるようで「鎮静」「腎臓結石」「頭痛」「背中の痛み」「胆石」「椎間板」「平衡感覚」「骨」といった部分・症状に役立つと言われています。

そして、4月の誕生石であり、しし座(7月23日~8月22日)の星座の方を癒すとされています。ダイヤモンドは、その硬さから工業的に研磨や切削など多くの用途に用いられます。道路のアスファルトの切断に用いられるカッターの歯に使われていることもよく知られていることです。その硬さは、飛び抜けて硬いことが知られていて、ダイヤモンドを削るのは、ダイヤモンドでしかできません。そのため、他の宝石や貴金属類と触れ合うような状態で持ち歩くと、それらを傷つけてしまうこともあるようです。

色については、無色透明のものが一般的によく知られていますが、実際には、無色透明のものよりも黄色っぽいものや褐色っぽいものの方が多いのです。その色は、結晶構造の歪みや他の元素(窒素やホウ素など)によって着色する場合があります。このような色は、一般的に価値が落ちてしまいますが、さらに希少なブルー・ピンク・グリーンの色を帯びているものは、無色透明なものよりも高価な値段で取引されることもあります。さらに、放射線処理を行うことで青や黒い色をつけた処理石も多くなってきているようです。純粋で無色透明もいいですが、デザイン性のある着色されたものも魅力的かもしれません。

PRサイト

金・プラチナ・ダイヤモンド・宝石なら金買取専門買取

ダイヤモンド買取&高価に売る:どこよりも高く買取

オンラインダイヤモンド買取徹底比較サイト