一粒ダイヤのペンダント

ダイヤモンドについて

ダイヤモンドと言えば、カラットよりもグレードを気にする人がいるかもしれませんが、一粒ダイヤのペンダントでは粒が小さすぎると貧弱な印象を与えてしまうことがあるので、グレードよりもカラットを優先する方が良いでしょう。また、ダイヤの鑑定について気になる場合もあると思われますが、実際の鑑定では明るい部屋で至近距離で見て判定をしているため、身につけているダイヤで判定をしたものではないのです。基本的に毎日身につけるダイヤのアクセサリーに鑑定書や鑑別書は付いていないので、それらの有無やダイヤのグレードなどはあまり気にしないようにするのが良いでしょう。

しかし、自分用ではなくプレゼント用に購入するという場合であれば、しっかりと鑑定書や鑑別書の付いている商品を選ぶようにするのがオススメです。鑑定書はダイヤの品質を表記したもの、鑑別書は本物の天然ダイヤであることを証明するためのものとなっています。ダイヤを鑑定する時、ダイヤの角の部分が摩擦して丸くなっていないかなどといったことを確認するのですが、本物の天然ダイヤは非常に硬度があるため摩擦してすり減ることはほとんどないのです。

また、天然のものは熱伝導率も良いので、冷蔵庫で冷やして取り出すと表面の曇りがすぐに消えるという特徴があり、本物でない場合は曇りがなかなか取れないこともあるので参考にしてみると良いでしょう。宝石店ではアクセサリーの種類によっては鑑別書を用意している場合もあるので、信頼性を重視したいという人はそのような鑑別書付きのダイヤのアクセサリーを選ぶのがオススメです。鑑別書にはアクセサリーと別に料金がかかりますが、お得な価格で販売している店もあるようです。

誕生日や記念日のプレゼントとしてダイヤのペンダントを贈りたい時は、通販サイトで比較してから購入するのも良いでしょう。ちなみに、ダイヤとして一般的に知られているのは無色透明のものですが、他にもピンクやホワイト、レッド、ブラックなどさまざまなカラーのものがあります。ダイヤは地中で結晶構造に歪みが出たり、元素が混ざり込むことで発色すると言われていますが、一般的なカラーダイヤは人工的に着色したものがほとんどで、天然カラーダイヤは貴重なものとして知られています。特に、ピンクダイヤは発色する理由が明らかにされておらず、通常のダイヤのわずか0.01%程度しか産出されないので、かなり珍しいものであると言えるでしょう。

PRサイト

金・プラチナ・ダイヤモンド・宝石なら金買取専門買取

ダイヤモンド買取&高価に売る:どこよりも高く買取

オンラインダイヤモンド買取徹底比較サイト